【超悲報】嘉悦大教授高橋洋一氏、18,000人が駄目な理由が分からん。例え税金でも「桜を見る会」くらいの予算は安倍総理が自由にしても問題ないのでは?

2019年11月17日

参考:【日本の解き方】「桜を見る会」で大騒ぎした野党は「会計の重要性原則」では的外れ 国民生活に直結した緊急課題の議論を

嘉悦大教授高橋洋一氏は、元内閣参事官!安倍首相の応援団なんだろう。
読んでみると一見まともそうに聞こえるが、論点そらしで、大事なことがかかれていない。非常に残念だ。

根本的な問題は、「桜を見る会」が税金を使って、首相自らの支持者を慰労する会にしているのではないかということ。安倍首相をはじめとする後援会の参加人数が激増しているのではないか。850人もの人間がバスツアーできて、身体チェックもなく、特別扱いされている。これが私費であれば選挙法違反に問われる。

高橋洋一氏はその事実についてどう考えるのか?税金を使った買収なんだよ。我々の税金が、安倍首相の支持者の慰労のために使われている。ありえないでしょ。それが全体の何パーセントだったとしても意味不明でしょ。だから野党を含め国民はみんな怒ってるのである。

我々はいくら税金・その他を払っているのか?消費税、健康保険、介護保険、年金、市民税、所得税、法人税または、個人事業税、自動車税、ガソリン税、たばこ税。月収から計算してみても全体の何パーセント使っているのか?年間なら数百万くらいは使っているだろう。あなたも調べてみて欲しい。

キャリア官僚出身かどうかは知らないが、高橋洋一氏には庶民感覚はわかるまい。

突っ込みどころ1

>旧民主党政権でも行われ、批判報道するマスコミ関係者も数多く参加してきた。

民主党政権でも、大臣枠があったという。しかし、毎年の参加人数は例年とほぼ変わらない。
1952年から慣例として行われているもので、大臣枠の招待者の中に支持者後援会者がいたとしても文句は言うまい。なぜならば、ずっとそういう関連だったのだから。しかし、安倍首相は違う。人数を莫大に増やして、予算を3倍にさせた。明らかに恣意的に人数を増やしている。そういう予算計上にもなっている。確信犯である。

さらに、「批判するマスコミの参加してきた」というが、何が問題なのか。桜を見る会の予算が大きく問題になったのは現在。「桜を見る会」が行われたのは去年の話。それまでに批判をしていようとしても、招待されて参加するのであればおかしいことは何一つない。参加している人が批判してはいけないという法はない。参加しておかしいと思った人も批判するのである。それが駄目だというのなら、思考停止しているね。

突っ込みどころ2

>お土産代が1000円程度というのは社会儀礼の範囲だ。地元の後援会の人を招いたと問題視されているが、交通費をそれぞれが負担すれば法的な問題はない。
社会儀礼の範囲というが、何を言っているのかすっとこどっこい。くらいの話だ。
まず、「桜を見る会」を募集した安倍事務所のハガキや事務員の給与は何処から出ているのか?税金ではないのか?そして、内閣府の職員が「桜を見る会」の件で手紙を作り、住所を印刷し張り付け、投函する。恐らく臨時職員かアルバイトがやる仕事だろうが、御時給が発生するのである。さらにこの切手代や封筒代、印刷代や紙代。これも税金だね。そして、共産党の田村議員の資料についても、増えている経費は食事代という。おみやげ代もそうだろう。全部税金である。「問題ない」はずがない。問題大有りだろう。ここまでの安倍応援団ぶりは常識知らず、庶民感覚を全く知らない人だから言えることなのではないだろうか。

突っ込みどころ3

>筆者のように数字ばかり見る人にとって、5500万円の予算を野党が一斉に「税金の無駄遣い」と非難するのは、会計の重要性原則では的外れだ。

田村議員は税金の無駄を問題をもんだにしているのではない。
税金を使った「桜を見る会」で安倍首相後援会などの人間が数多く出席しその数が増えている。税金を使ったイベントで、後援会の人間を特別に慰労する事は、おかしいと言っている。私費でやれば、公職選挙法違反である。消費税10%にあげたが、「桜を見る会」の予算が膨大に膨らみ、結果的に首相は好き勝手も税金で後援会の人間を慰労する。これをおかしいと思えないのは「お前の目は節穴か!」という事である。

 

突っ込みどころ4

>安倍政権になってから1万8000人まで増えたというが、1万人がよくて1万8000人がダメだという議論もよく分からない。
それは、高橋洋一氏の考えが足りないだけである。どういう人たちが増えているのか。公人や知事、海外からの来賓等の人数は変わりようがない。増えているのは、安倍首相や自民党関係の講演会や芸能人などではないかという疑いがつよいという事である。呼ぶべき人が、全うに選ばれているならだれも文句は言わないだろう。増えた8000人がどういう人が増えているのかもきちんと集計しだされるべきであろう。

突っ込みどころ5

>国家予算約100兆円のわずか0・00005%にすぎない。この程度の金額は、10月に国会議員の質問通告が遅れ、霞が関の官僚が残業せざるを得なくなって被った1日分の無駄と変わらない。

高橋洋一さんに言いたい。まず0・00005%ならば、安倍首相や、自民党の後援会に使っても良いという事でしょうか?あなたの頭では良いという事ですか?
税金ってそういうものなのでしょうか?為政者が、自己の利益のために自由にできるのが税金なのでしょうか?

 

突っ込みどころ6

>どうして野党は、印象操作しかできずに、重箱の隅ばかりつつくのだろう。
どうして、高橋洋一氏は、庶民感覚で分析ができず、普通の評論ができなのだろう。「安倍事務所」が関わっている書類が出ていてもなお、印象操作とか重箱の隅とか、何を言っているのかわかりません。台風の問題もあるでしょう。そこはしっかり決めるべき話ですが、台風問題を利用して、安倍首相を擁護するのは被害者に失礼ですよ。それに、委員会は一日で一つしか開かれないのでしょうか?テレビに映っているものしかやっていなのでしょうか?

さらに、言えば、こんな話、政府自民党がきちんと書類をだせば終わる話なのだ。都合の悪いことは、隠す。書類破棄。ウソを重ねる。説明責任を果たさない。誰がこういうことをやっているのか。時間がかかるのはこういうことが原因なのだ。「美しい日本」がきいてあきれる。追求する野党が悪いのではない。答えない政府・自民党や諸官庁の責任だということを認識すべき。

突っ込みどころ7

>5500万円の予算は、霞が関ではせいぜい課長レベルの予算額でしかない。それを首相の進退や責任問題にすり替えるのは無理がある。
扱われる金額の問題ならば、1億なら問題があるのか?10億なら問題があるのか?100億ならどうなのか?いくらからが問題になるのですか?

5500万円個人から見れば相当な金額ですが・・・・。
さらに言えば、1万だって、5万だって、会社のお金を自分の利益のために使ったら横領なんですよ。100円だってそう。切手一枚だって首になることはありますよ。犯罪ですよ。「首相の進退や責任問題にすり替える」というのも正確ではありません。首相主催という責任者として責任をとってもらうという事です。大丈夫でしょうか。

 

突っ込みどころ8

>国会をあげて追及すべき問題ではない。この意味で、来年の桜を見る会を中止した判断を評価したい。
そもそも、菅さんも問題ないと言っていたのに、なぜ中止にしたのか。そこが問題である。後ろめたいことがあるから中止になったに一票!
そもそも、安倍首相擁護でしかない高橋洋一氏には結論ありきの話なんだろうけれど。国民のためというのならば、税金の使われ方をきちんと監視、分析し、全うにおかしいことはおかしいというのが評論家や、メディアの仕事だと思うのだが。

おそらく、首相の党派によって、評論や主張の内容をコロコロ変える人なんだろうとしか思えない人だ。
非常に残念である。