【千葉県 台風15号被害】日本共産党の活動まとめ!twitterの非難は本当か?!調べてみた。

2019年9月19日

参考:政府初動対応に批判=内閣改造で「空白」-台風15号

台風15号被害、本当に大変な被害をまき散らしました。そして台風被害が分かり始めたころ、安倍晋三首相が11日、第2次内閣発足以降6度目となる内閣改造を実施した。内閣改造の真っ最中の10日台風15号が関東直撃!千葉や神奈川、茨城県、東京都内、島部などで多くの被害を与えた。

1週間たっても停電被害が続いている

神奈川県100軒、茨城県600軒、千葉県はなんと39,800軒大変な数である。

停電

千葉県内の停電地域は以下。
停電

千葉の停電復旧、27日までずれ込む地域も 東電発表

20日近くも停電が復旧しないほどの大被害を及ぼした。8日、気象庁が注意を喚起、「台風第15号の今後の見通しについて(9月8日)」9日の千葉県上陸時にも、「【速報】台風15号 千葉市付近に上陸 関東では過去最強クラス」とニュースでは報じられ、過去の台風とは明らかに違う強い台風であるという報道がなされていた。

 

台風15号が関東を席巻、被害を残している中の安倍内閣改造11日に第4次安倍再改造内閣発足

台風被害が拡大し明らかになっている中、「11日に発足する第4次安倍再改造内閣 小泉進次郎氏ら13人が初入閣」ということで、Twitterなどでは「内閣改造より被災地支援」をという声が大きくなっていた。

 

メディアは内閣改造を取り上げ、安倍首相改憲を目指すとか、優先順位がまったくちがうだろうと。

日本共産党は、対策本部を作り11時に現地調査へ赴くと宣言

日本共産党へのバッシングは以下の通り

こういう事を書く人は、災害地をほっておけという事なのだろうか?

原発とからめて批判する人も!電線が切れれば原発であろうと、火力であろうと、水力であろと全く関係がないのである。
勘違いしてはいけないのは、共産党の矛先は東京電力会社そのものであり、経営者である。末端の一人ひとりの作業員に対していっているのではない。

非常にひどいバッシングである。でも、これは、日本共産党だから、こういうバッシングしているのでしょう。ちょっとそのあたりをネットで調べてみた。

募金活動はかつての失敗からアンチの格好の的に

話題となったのは、当時日本共産党品川地区委員長香西かつ介氏が、Twitterに募金のお礼を投稿したのち、熊本地震の被災地支援を名目にした「募金詐欺」だとツイッターで炎上してしまう。

大炎上ののち記事にもなってしまうほどの話題となった。
共産党の救援募金“詐欺”疑惑? 渦中の党地方幹部が告白

「まったく性格の違う募金ですから、いっしょくたにしてしまったのは私の不徳のいたすところです。詐欺ではありません。直接取材を受けたのは初めてですが、取材してもらったほうがいいんです。誤解が解けて」
「党の熊本県委員会の口座に振り込まれています。今後、党中央と県委員会が相談して、被災地に届けられることになると思います」 こうした募金は、共産党だけではなく、多くの政党がやっている。集まったお金はダイレクトに被災地の県や市町村に行くと思っていたので、びっくりした。

そもそも性格の違う募金を一緒くたにして行うこと自体間違えである。当時、日本民主青年同盟東京委員長歴任という話なので、もしかしたら社会経験なく幹部になっているのかもしれない。社会経験・社会常識のない人がトップをはるのは不幸こういう組織にとっては最大の不幸。現在は成長しているのだろうか。

熊本県地震の際に問題となった?問題とされたもの。

後援会交流決起集会ご参加の皆さんへ
この募金は、救援物資の調達や届け、ボランティアなどにかかわる経費、および救援・復興にかかわる政治活動の経費など、現地の党組織の裁量で使える募金として日本共産党熊本県委員会に送る予定です。皆様のご理解とご協力をお願いします。

問題となりそうな部分で言えば、「政治活動の経費」、「現地の党組織の裁量で使える募金」くらいだろう。しかし「救援物資の調達や届け、ボランティアなどにかかわる経費、および救援・復興にかかわる政治活動の経費」などあり、何ら問題ないだろう。ただし、「現地の党組織の裁量で使える募金」については、災害の救援や視線に使うという前提であれば問題ない。きちんとそのように使われているかどうかは残念ながら、共産党次第という事になる。

熊本地震救援募金 義援金7600万円被災地に届けます 5月8日 日本共産党中央委員会熊本地震対策本部

赤旗でも、毎回被災地に届ける旨の報道を行っている。しかし、届けますという所が残念。届けましたという方が良い。

こういった批判にこたえるために募金の詳細やそして義援金を納めた役所などから受取証書など事細かく公開するべきである。
他の政党がやっていなくても共産党はやるべきでは。きめ細かい対応が誤解を解くことになる。やましいことがなければ必ずできるはずである。

千葉県での支援活動

千葉県知事がTwitterで揚げ足取りと批判されているが実際批判だけなのでしょうか?何も活動していないのでしょうか?Twitterからそれを探ってみようと思います。

ゴルフ練習場の柱がなぎ倒された現場を調査

千葉県防災危機管理部から被害状況と県対応を浅野ふみ子県副委員長らと聞き取り。

千葉県の南房総市、鴨川市、山武市へ入り、炊き出しなどを行う

伊豆諸島など東京都の島しょ部に甚大な被害早急の現地調査と支援、中長期的な対応など申し入れ

三浦候補を乗せて各避難所を周り…支援が必要な方々へ情報を届けています。

台風15号が爪跡を残した大島へ調査に。

千葉の共産党の市議たちが、共産党のネットワークを活かし、現地で被害支援のために尽力

宣伝カーを出し、災害情報をお伝えし、物資をお届けし、要望をうかがう活動を行っています。

日本共産党の緑区地域の皆さんと災害復旧にあたっています。

救援募金活動

君津市へ支援物資を届けるため出発しました。

結局バッシングする者はいる

ハッシュタグ共産党とあるが、これが共産党の人物かという事もまずわからない。これだけでは根拠のないバッシング。もしそうだったとしても根拠のないうわさを立てるようなツイートはいかがなものか。

まとめ

やはり日本全国に党支部のある日本共産党は、支援が力強くできる事が強みである。中には非常識なツイートで炎上させることは間々あるものの、日本国民のために汗を流せる政党であることが分かる。共産党という名前のせいで、アンチやネトウヨなどが執拗なバッシングを展開している状況ではあるが、日本共産党は、そういうバッシングに対して、批判のための批判ととらえずに、一つひとつ回答、反論していく事が重要である。ネットの世界は、反論しなければその状況が永遠とネット世界にのこりそれが事実になってしまう。要注意である。

共産党ならではの、きめの細かい救援活動があり確実に地元の救援の力になっている。さいごに、共産党の救援活動を実際に見ない人たちが想像でバッシングする場合も少なくない。そういう行為はそもそも慎むべきである。自衛隊のじゃまをするなとかいろいろい声もあるが、自衛隊がをカバーできない所をカバーしているという事実もあるそこを自分の目で調べて考えてみると良いだろう。。実際のツイッターの声をみてみよう。

twitterの声