【炎上】Youtuberよさまつ氏天皇を語る。天皇とかいう”国営宗教”は廃止すべき?!

Youtuberよさまつ氏は凄いな。天皇についてこういう切り口で語るのはものすごいことだ。
色々と考えてみる

天皇のおかげで何か得したことはあるのか?

天皇は確かに200億円の税金で生活をしているかもしれない。そして、生活面という部分では何一つ不自由なく、教育も教養も身につけることができる。そして、海外の国賓、お客様を出迎えたり、他国の王族や政治家に挨拶をしてコミュニケーションをはかる。国内では様々なイベントや大会に出てメッセージを話すなど、公務という名の仕事を務めている。

これは、直接何かしてもらう事はなかったとしても、国の事業としてみれば、一般人には耐えられないような重責がのしかかる任務をはたし、日本の印象を良くし国家間関係を円滑に進めてもらっていると考える事もできる。だから天皇教云々ではなく、皇族はその金額に見合うだけの行動をしている。

天皇はえらいのか。様とか言って崇めたてるのは宗教と同じか?

天皇はかつて国家神道の元、神として日本の頂点に君臨していた。比べたら怒られてしまうかもしれないが今の北朝鮮では、将軍様に主権があるように、天皇が主権を持ち国民は、明治憲法18条に記載されている通り、臣民(天皇に従属する者)として主権を持たなかった。そして、天皇を神格化させるための制作や教育勅語で臣民に思想教育を行っていったのである。

教育勅語を臣民(国民)に教育し、国家皇室の為につくせと教えた。

現在よく問題となる教育勅語。「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ是ノ如キハ獨リ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又󠄂以テ爾祖󠄁先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン」ざっくりと言えば、「万が一にも、国に大きな事件や戦争など大変なことが起こったら、皇室の為に勇気を奮って命を捧げて戦え!これをすることは、天皇に対し優良な忠誠をする臣民であるばかりではなく、祖先の美風をはっきりあわらわすことになる」とある。つまり、天皇のために命を捨てろという事を教える内容。前段でいくらよさげな事を言ったとしてもこの文章の目的は、天皇に命を捧げる事であるから、問題になっているのである。

天皇がえらいとか、崇めたてるのは国家神道の名残

現在の日本は、主権は国民にあり、一番偉いのは日本国民である。天皇はえらいとかえらくないの範疇を超えた存在。しかし、カタチ的には偉い人という形になる。様とつけるのは明治時代に天皇は神様であるという所から続いている風習のようなものではないか。象徴という確かによくわからない立場ではあるが、日本=天皇、政治権力を持たない日本の王として日本に君臨しているのである。しかし、北朝鮮という国、将軍様の報道を見るにつけ、天皇の報道もそれに近いというか、同じように見えてしまう事も良くあるのである。よさまつ氏の言うこともわかる。北朝鮮は、旧大日本帝国の社会構造をトレースしているのだろうか?

天皇は何もできないわけではない。

よさまつ氏は何もできないおじいちゃんという事を言っているが、それは間違いである。天皇にしかできない事は数多くある。それが公務であり、天皇と話をするというだけで海外の要人からは喜ばれることがある。つまり伝統や権威を持っているからこそできる公務が山ほどあるという事だ。

そして天皇が来て話をしたり、聞いてもらうだけで、日本国民が喜び安心するという事実もある。「天皇」であること、それだけで何かをしているという事になるのである。
それが彼の言う、「妄信」という話なのだろうが、それくらい、日本人にとっての天皇は、心の支えになっているほどの存在になってしまっているのである。

その妄信を作るのは、よしまつ氏の言う通りなのかもしれない。ただ、イギリスやアラブ首長国連邦など、王を持つ国は生まれたころから王族を敬う社会であり、日本も同じなのである。現状ではそれが、一般的になってしまっている。

ありとあらゆる人権を奪い去られることは皇室制度の問題

結局、天皇・皇室の役割。これを果たすために、天皇家や皇室に生まれてきた人たちは、生活やお金の心配をしないで生きる事ができ、一流の教育を受けられ、知識を身に着けることができる。しかし、生まれたころから自由もなく、常にあがめられ、話し方、付き合う人にたいして要求をつきつけられ、一挙手一投足に注目される。上記の優遇された生活がある代わりに自由を奪い去られているともいえる。

逆に言えば、一般の日本国民ができない事(公務など)を、すべて担わさせていて、拒否権もなく行動をしてもらっている事も考えなくてはならない。

最近佳子さまの話題で、「佳子さま炎上の理由はなぜ?一個人発言と眞子さまの結婚賛成・・・」とか「佳子さま、今度は「手袋したまま焼香」で炎上…秋篠宮家になおも逆風」とかがあったがそんなことでなぜ炎上するのか。

眞子さまの結婚問題も、いたるところでバッシングや、秋篠宮家が取りざたされている。小室氏がどうあれ、秋篠宮家あるいは、眞子さまの自由にしてあげればよい。国民の税金が小室氏にわたるこれが問題だとか、伝統や血筋がどとか言う人も多い。

しかし、秋篠宮家の問題である。法律、皇室典範等で小室氏の様な一般人の皇室に関する関わりを規定し、一定程度以上の寛容はできないなどと整備すればよい。個人的に言えば、どうせ、森・加計問題のように、安倍首相がお友達にただ同然で国民の財産である国有地をあげてしまうのだから、眞子さまの結婚のためにバーンと出してやればよい。

眞子さまが幸せだと思えるならばそれでよいのではないか、小室氏と結婚してみればいい。それで失敗したら、自己責任で立ち直ればいい話。

周りがつべこべ言いすぎ。そっとしておいてあげればいいのに。佳子さまの炎上についても手袋をしたまま焼香をしてしまったとか些細な事。ねちねちとバッシングをする輩がいるそうである。相当な暇人である。

都合のいいときは美人とか、かわいいとか、美しすぎる皇族とか持ち上げておいて、失敗すれば辛辣な事を言うのはフェアじゃない。

佳子さまは反論ができない種類の人々である。一方的に攻めるのは気の毒だと思わないのか?人権を奪い去られるというのは本当に気の毒であると思うし、生き方を生まれたときから死ぬときまで全て決められている。日本国民ができない事を生まれたときから担わされている事実。難しい問題であるがどう考えるのか。

天皇家を崇めているその心の本心、中心にはどんな思いがあるのかそこが重要である。

天皇制に賛成か反対か

少なくとも今の状況では、賛成や反対というかたちにはならない。現在の日本として天皇主権ではない。国民に主権がある立憲君主国日本。ただ単に賛成反対を述べるのではなく、反対というのならば、天皇の役割を誰が担うのか、今の天皇皇室が担っている役割をどうするのかここまで考えてから言うべきではないか。

天皇を利用し国家を扇動仕様とする輩は排除すべきである

いつの世の中も、権力を手中に入れるためにトップを利用する者は数多くいる。自民党が主張する憲法改正の問題も9条改憲とか言われているが、そうではない、かつて自民党のあらゆる人々の発言がyoutubeにはあふれている。今回の会見についても9条だけではなく、すべての条項において改悪を忍ばせてきて、分からない間に通してしまおうという魂胆。明治憲法と同様のものに、「国民の権利は法律の定めるところに基づき」という文言を入れてくる。憲法は、国家権力を縛る者であって、自民党が行う改憲は、国民を縛るものとして利用するそして天皇を元首として、天皇を利用するこれを目指す内容であると考えられる。非常に恐ろしい問題である。日本が北朝鮮化するそういう事である。