【これが事実】そもそも国民同士がいがみ合う必要がない。韓国国民の本音を「フリーハグ」が引き出した結果。

参照:韓国の反日本政府デモで、フリーハグを求めた日本人に反響「彼らは日本人を嫌いなわけじゃない」

まず、このフリーハグを韓国で行った「桑原功一」さんの勇気ある行動に、尊敬の念に堪えません。素晴らしいことです。

韓国では、政治的に反日を利用して政権の支持率アップにつなげたり、さまざまな部分で反日をうたい国民を統制している感がある。しかし、日本の第二次大戦の後の政府の行動は、韓国人や中国人などの心を傷つける発言も数多くされ、大臣の首が飛ぶなど様々な状況がうまれてきていた。

その中で、現在の安倍政権は、超強硬な保守政権として戦後レジームの脱却というスローガンのもと歴史の修正進めているように見える。
それが現在招いている日韓の対立の激化!日本はどうせ韓国は日本に勝てないという頭で、締め上げて屈服させようとシナリオなく突き進んみ泥沼化してしまった。

日本のワイドショーでは、消費税などの国内問題はそっちのけで、韓国問題で韓国人を貶める報道や人種差別を扇動するような放送も登場するなど、日本人は民度が高く節度を保つ国民だなんてネトウヨが日本マンセーで言っているような状況とは真逆の状況になってしまった。

日韓関係の世論造りはメディア全体で行われ、テレビから垂れ流され、一部の雑誌でも取り上げられる。これはメディアを取り仕切る人間あるいは、裏でそういう情報を流すことを決められているようである。

こんな記事がある。「安倍だけじゃない、菅官房長官も会食でメディア懐柔! 幻冬舎見城社長、avex松浦社長との仲良し写真、恵俊彰とも…

会食なんかしたら、反対意見はながせない。冷静になれよという話もできない。いったいどんな話をしているのか?そしてこの会食費は何から出ているのか?国民の税金・官房機密費か?日本国民を嫌韓に洗脳するため、日本人が汗水たらして稼いだ税金が工作資金に使われているとしたら怒らねばならない。
いったい何を話しているのか?なんの目的であっているのか明らかにすべきである。

 

参考:室井佑月と東京新聞・望月衣塑子、闘う2人の女が語った安倍政権の圧力、ネトウヨの攻撃、忖度メディア

第一次安倍内閣の失敗からメディア対策を強固にしてきた

放送の中立性を元に、政府自民党は各局に申し入れをしたり、電波を止めると強く迫ったり。しかし、これは、中立ではなく自民党の言い分をただしいということが中立性という事なのだろうと思う。反対の意見は中立性がたもたれなくなるとかそういう当たり前のことを言って、反対意見を流させない。裏では会食して懐柔させ、NHKは人事をつかみ傀儡とさせる。やりかたがうますぎるのである。結局、何も考えなければ、テレビで放送することに影響されるのが普通であり、そこを抑えれば勝ちなのである。

韓国問題で嫌韓を大宣伝!

日本もメディアを十分利用し、国と国の対立ではなく、メディアの報道で個人や人種まで広がってきた。そういう主張をする人たちは、韓国人の何を知っているのか、直接会って話をしたのか、身近にそういう経験をしたからそうなったのか。直接体験したのであれば仕方がないが、日本で誠実に頑張っている韓国人はたくさんいるし、尊敬できる人も沢山いる。それをひとくくりにして、韓国人はダメだという人の思考は全く理解できない。まずは、コミュニケーションしてみなさいよと。それができないなら、韓国国内にいる同様に日本人とコミュニケーションをしないで反日を繰り返す人間と同様である。

韓国でフリーハグを行った勇気!

そんななかで、暴行されるかもしれないという不安を断ち切って、反日本政府のイベントでフリーハグをするという鼓動は称賛に価する。普通の人ではやろうと思わないし、これができるということは、今の日本人の思考を超越している。そして、イベントに参加している韓国国民の本音。「日本人の事を嫌いと思っているわけではない」また、批判=反日ではない事も抑えなくてはいけない。

もう一つ驚くのが現地の韓国人の行動。普通に考えたら周りの人に「日本人とハグするのはおかしい」と問い詰められたり、暴力を受けたりするのではないかと日本人は考えてしまう。「なぜならば、そういう過激な部分しか報道されていないから」そこからそもそも報道は偏っている。

また、韓国のニュースは、プラカードに「ノー安倍」と書いてあるのに、日本では、「ノー日本」と訳されて流されている事例もあったようである。
気を付けなければいけないのは、外国語では翻訳が正しいのか、そして言葉の入れ替え、消費税では、軽減税率という言葉を使っているが軽減ではなく据え置き税率なのである。本質を隠そうとするために、それに似た言葉を利用する事で悪印象を持たせたり、持たせないようにしたりするトリックがある。

今回、フリーハグの動画を見たことで、実際の韓国人の考え方を一部ではあるが見ることができた。冷静な人たちも沢山いる。けれど言わなくてはいけない事をしっかりいう。こういう立場なのだろう。何の情報が正しいのか、それをきちんと選び取って判断する目を鍛える事が必要になる。テレビの情報は、スポンサーである大企業がバックについている。彼らに優位になる情報しか流さない。そして、そのメディアと会食し、手名付けている。結局政権の思惑にはまらない報道は基本的にしないというのがテレビなどのメディア。100%信じられる情報はない。

インターネットでも、正しくない情報などたくさんあるし、正しくない情報をあえて発信している場合も考あるだろう。どんなことでも冷静にみて、選び取る事が重要である。

偽善者であるという声

こういう声は何処にでもある。偽善という言葉を使って、他人の行為を否定・攻撃する簡単な方法である。偽善とは「本心からでなく、うわべをつくろってする善行。」桑原功一さんのfecebookや行動を見るにつけ、偽善でここまでできたらものすごい。もはや、それが本心であるとしか言いようがないくらいの行動である。

本当の日本人という判断も意味不明である。さらに反安倍であって反日本ではないという主張は、ある意味で当然である。なぜならば、韓国としては、日本国民を執拗に否定したくない、日本人全体を一緒くたにして批判しているのではないというメッセージをだすという意思があるからだ。

安倍=日本ではない。日本と表現したときに、日本は日本人全てを含むのであって安倍ではない。安倍は代表ではあるが日本ではない。この主張が姑息と思うのは個人の自由ではあるが、フリーハグの内容においても、日本政府には言うことはあるが、日本人が嫌いだとか、問題があるという事ではないと証明しているのである。また、「多くの人が不買運動に参加する韓国」というが、韓国国民のどれくらいが不買運動に参加しているのか。そして、本当に日本を憎いと思ってそうしているのか。どれくらいいるのかはわからない。

韓国の国会議員やソウルの市議会議員など一部は、日本国の製品の購入を条例等でやめさせようとか馬鹿な事を言う人がいる。実際の可決もあったようだ。ソウルの条例は三菱重工業や日本製鉄など280社以上を「戦犯企業」に認定。「強制動員などで韓国国民に被害を及ぼしたのに、公式謝罪や賠償をしていない」。当該企業の製品の購入しないよう市民に求めたそうである。徴用工問題がおおもとになっていると思われるが、それはきちんと受け止めたうえで、どう解決するかそれを模索していくべきである。また、ポイントとしては280社以上をという所である。日本企業すべての不買を条例化したわけではないということ。これも、すべての日本人、日本企業が問題だと言っているわけではない。まあ、法律や条例で不買に参加させられているのだとすれば、それを批判することは難しくなるのだが…

 

結局自分の考えが否定された気分になるから偽善という言葉を使いたくなる

自分で、きない行動をできない人が、他人が行動した結果、自分の期待しない答えを見出した時、それを許せなと思う人は偽善という。例えば、れいわ新選組から二人の重度障碍者が当選したが、「山本太郎は、偽善者であると言ったり、障碍者を利用したと言ったり。」同じである。行動した結果、今までできなかった事をしたり、真逆の結果を出してしまったときに受け入れられないのである。だから、偽善という言葉で攻撃をする。そうやって切って捨てるしか、方法が思い当たらないのである。

今回の件も、韓国人は日本人を全て憎んでいるとか、韓国全国民は反日と思い込んでいる人には到底耐えられない動画ではないか。偽善という言葉は他人を貶める便利な言葉である。それを吐きたくなったとき、行動した人の行動を、過去から現在までしっかり調べてみるといい。それでも偽善と思うのならば仕方がない。しかし、日本人として民度の高い行動は、こういう行動なのではないだろうか。対立するより理解しあい友愛を持って対応をする。そして、信頼関係をえて活動する。この方が国同士の関係性においては、前向きだろうとおもう。

 

そもそも叩くだけ叩いてどこに行こうとするのか

韓国は隣の国、中国や、北朝鮮、ロシア、アメリカなどの大国とのかかわりや各国の思惑に大きく影響されている地域でもある。韓国はけしからんと叩いて、関係がなくなったら、国防はどうするんだ!という話にもなる。韓国をたたきにたたいている、政府やメディア、ネトウヨ、そして先導者に先導された人々は結局韓国問題の終着点は何にしたいのか。例えば、断交を叫ぶ者がいるが、それが終わりではない。断交後も韓国は隣にあり影響は及ぼされることは間違いない。そして、日本一国で韓国に影響できなくなった時点で、チャンネルを失い国益としては大打撃、不安要素が大きくなるだけである。

現在、日本が行ったホワイト国除外から、韓国が抵抗、いまでは米韓関係もちぐはぐになり、今まで保っていた均衡が大きく崩れ日本周辺の安全保障が大きく揺らいでいる結果になっているようだ。早急に落し処をみつけ冷静な解決ができるようにしないと、日本の未来は暗い。

そもそも日本は、人口減少や少子高齢化、貧困問題、産業問題、農業自給率の問題、原発問題などなど、ここに力をいれるべきであり韓国と喧嘩をしているだけ時間の無駄。
このまま正しい手を打たなければ、日本は衰退の一途をたどり、外国人の流入を決めないと国の労働力が保てないくらいに落ち込んでいる。
この原因を作ったのは誰か?そこをしっかり考えて、韓国問題に気をとられ必要な事を考える時間を奪われるのはいますぐ、やめにするほうが生産的なのではないだろうか。

twitterの声